休眠口座の定義

  • 投稿日:
  • by

suit.w.2.png休眠口座とは何年も取引がない銀行口座のことを指します。
具体的な期間などは銀行などによって定める期間が異なりますが、大体5〜10年くらいで口座が休眠したと銀行は判断します。
その口座の中にまだ預金があっても、休眠口座になってしまえば普通に引き出すことはできなくなってしまいます。
日本ではこの休眠口座の金額が約800億円という事態になっているのです。

そもそも預金者は銀行にお金を預けている訳ですが、それを返してもらう権利(債権)を持っています。
しかしながら、利用者が銀行にその権利を5年間行使しない、つまり5年以上の取引がないと時効が成立し債権が消滅するため、そのお金を銀行のものにしていいという法律があるのです。
これは債権に関する時効ですので、別に銀行だけの特権というわけではありません。
銀行はルールに則って利用者のお金を回収しているのです。

そもそも、一つの銀行口座を5年以上もほったらかせず、少しは管理しておく必要はあるのです。
5年も口座を放っておいて、休眠してしまうなんていうのは貯金ではなくお金を捨てているようなものです。
そのようなお金はなるべく作らないほうが賢明です。

とはいえ、高齢者などが口座の管理が出来ていなかったりするといった事情もありますので、中々休眠口座を無くすのは難しいです。
しかし、休眠してしまった口座の中に預けられていたお金も有効的に活用することは可能だったといえます。
お金はきちんと使えば増やすこともできるし、経済を活性化させることにも繋がりますので、できれば休眠口座は作らないようにしましょう。

参考
即日融資のプロミスは勤務先・会社への在籍確認・電話連絡がありますか?

無職でもお金借りれるカードローンまとめ|審査落ち必見!